​P r o f i l e

ニューボーンフォト 出張撮影サービス 
SHAINON -シェノン-の山下さきと申します。

我が子のニューボーンフォト撮影したい!と決断してみなさま最初に感じる不安は、

「この人に任せて安心できるだろうか。」

「自宅に招き入れて大丈夫な人だろうか。」

 

だと思います。

私もお客様の立場でしたら当然同じことを思います。

わたしの自己紹介をさせていただきます。

 

私は神奈川県の奥地で育ちました。
自然いっぱいの環境で、小さいころの趣味はカッコイイ木の棒を集めることでした。

好きなものはこども、動物、そしてあんこです。


「写真で人を笑顔にする仕事って素敵だな」とフォトスタジオに就職しました。


3年半勤め、ウエディング・七五三・ベビーフォトなど約2,500組の撮影をしてきました。


こども写真の撮影経験を積んでいくなかで、
「もっと自由で無邪気な表情を写真に収めたい!」という思いが芽生えます。

そして2015年、子供専門の出張フォトグラファーに転身しました。

ニューボーンフォト・七五三・お宮参り・公園スナップなど、2015年から担当した出張件数は800件を超えました。

ニューボーンフォトは500件以上を超えています。

赤ちゃんひとりひとりが持つ本来のかわいらしさを、流行にとらわれることなくシンプルに神秘な姿を残すスタイルに専念にしたい。
という思いが募り、2019年9月にSHAINONを立ち上げました。

 

ニューボーンフォトは撮影技術だけでは成り立ちません。

新生児について医学的の正しい知識が必要になります。
 

助産院で開催される勉強会に参加したり、第一線で活躍するニューボーンフォトグラファーのワークショップや多くのセミナーを受講し、情報交換、知識の習得をしてきました。

今まで学んだ知識や技術だけでなく、常に新しい情報を取得していくことは安全なニューボーンフォト撮影とって何よりも大切なことです。

 

ニューボーンフォト撮影を始めてから4年間、ニューボーンフォトのことばかり考えている毎日です。


今まで経験してきた撮影の中で1番大変な撮影だけれど1番やりがいを感じ、1番楽しい撮影です。

目に入れても痛くない、生まれて間もない大切なお子様を預けていただき、お客様からいただく「ありがとう」は計りしれない価値のあるものです。

大袈裟ながら、毎度目頭が熱くなります。

撮影をさせていただく赤ちゃんだけでなくママさんやパパさん、お兄ちゃんやお姉ちゃんとの嬉しい出会いもあり、とても幸せなお仕事です。

SHAINON(シェノン)とは、「幸せの連鎖」という意味です。

写真を通して幸せをお届けしたいという想いでわたしはニューボーンフォトを撮影しています。


 

_-1.png
Saki  Yamashita